農業および園芸 養液栽培の新技術 その現状と展望 第61巻第1号別冊

養液栽培の新技術 その現状と展望 農業および園芸

Add: onoreru94 - Date: 2020-11-28 16:48:37 - Views: 830 - Clicks: 1789

温州みかんとチッソの施肥 4. 大豆増産論の提唱 食糧に関する私の考え方 6. 【特集】稚苗移植水稲に関する土壌肥料学的問題点 4.

寒地畑作物に対するCDUの地力的効果~“CDUの肥効特性と活用法”のまとめ~ 2. イチゴの生理生態特性の解明による周年生産技術の開発および周年栽培品種の育成と普及に関する研究,3東京農工大学大学院連合農学研究科生物生産学専攻稲葉幸雄本論文は,栃木県芳賀農業振興事務所( 年 3 月まで栃木県農業試験場栃木分場)に在職する筆者が,大学院設置基準第 14. アスパラガスの連作障害 (3)長野県におけるアスパラガスの連作障害発生事例と問題点. of General Plant Pathology. 欧洲における施設園芸 4. 農業経営の発展と『経営者意識』 2.

暖地機械移植水稲と施肥改善について 2. 牧草における窒素栄養の問題 6. 日本植物病理学会報 78(3):191 7. 中村憲太郎・酒井浩晃・塩川正則,平成24年度関東東海北陸農業試験研究推進会議野菜部会 野菜研究会:38-39 2. ★, 園芸新産地における市場対応の現状と課題 -佐賀県系統農協を事例として-, 農業経済論集, 48巻, 2号, pp.

飼料作物の栽培について 4. 施設野菜におけるキュウリの長期栽培と肥培管理 5. 養液栽培の新技術 : その現状と展望 Format: Book Language: Japanese Published: 東京 : 養賢堂, 1986.

カーネーションの栽培とコーティング肥料(燐硝安加里) 3. NO3-Nの植物生理学的意義 3. 農及園87(2):. 庄内砂丘地の園芸作物と施肥基準 5. ハウス野菜の長期栽培と問題点について 3. p57-61,p63-74,p83-86,p.

<―有機質の期待できる利用―>有機物の効果について 4. 2 農業および園芸 第61巻第1号別冊. スイカに対するコーティング肥料の効果 4. 農業朝日賞に輝やく蒜山(ひるぜん)大根 岡山県八束村の大根と燐硝安加里.

農及園87(3):. 昭和50年には,どうなる? 6. 1-11, 1997,11,15; 筑豊地域振興における地域情報化の役割とその展望, 九共経済論集, 22巻, pp. リンゴに対するCDU化成の肥効 6.

年度 水耕養液中の高温性ピシウム属菌の選択的検出法. Light Condition Influences Rutin and Polyphenol Contents in Asparagus Spears in the Mother-fern Culture System during the Summer-Autumn Harvest. 園芸学研究 11(別2):275 4.

Amazonでの農業および園芸 第61巻第1号別冊 養液栽培の新技術 その現状と展望。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 今月の焦点 経営内容の高度平準化を 5. Improvement of yielding performance of purple variety &39;Purple Passion&39; by dense planting. 葉菜類の肥料の選択と施肥法について 4. 肥料以外の未開発分野へ進出~年頭のご挨拶に代えて~ 2. 暖地における水田大豆の多収策について 4.

長野野菜花き試報告 14: 26-32 5. (2)昨年の冷害激甚地の実態と基本的対策の教訓 4. アスパラガス新品種‘どっとデルチェ(Dotto Deluche)’の育成経過とその特性. 園学研10(別1):157 4. ダイズの生産と品種 「つやほまれ」. 水耕栽培の問題点と今後の方向 2. 3. イチゴの新品種とその特性 5.

Acta Horticulturae 776:. 。 2. 園芸学研究 6(別1):418 3. 欧米における燐硝安系肥料のプロセス 5. 園芸学研究 8(別1):376 3. コーティング肥料とグラジオラスの球根養成 2.

“鹿島ピーマン”とCDUS555 10軒に6軒という高い普及率. 園学研9(別1):179 2. コーティング肥料(被覆肥料)の現状 2. .千葉大学環境健康フィールド科学センター における水稲, ナシ,カキ栽培のCO2収支.園芸学会雑誌73別冊1.p80..

今後の日本農業の夢 5. 農業園藝最新技術解説. 今月の焦点 米価と物統令 7. 年度 イチゴ高設栽培の環境調節による省エネルギー栽培技術. <解説>最近における果樹生産の動向 6.

スイカの栽培と施肥~マルチ栽培下の全量元肥施肥~ 3. 長野野菜花き試報告 14:1-8 4. 園芸学研究 6(別1):146 6. “こな”と“つぶ” 2. 地力維持効果も期待できる緩効性肥料の上手な使い方 2. 花と産業の現状と将来展望 農業および園芸 第71巻・第1号: 及川清: 平8: 1080: 842: 植生と大気の4億年 陸域炭素循環のモデリング: 及川武久 監/ディビット・ベアリング、イアン・ウッドワード 共著: 初版、カバー帯、表紙焼け、旧蔵者整理番号入: 年: 4320: 843. 最新農業技術(野菜) vol. 報告2) A Critical Perspective on Technology Education in New Zealand,日本産業技術教育学会誌,第61巻,第1号,pp.

使命感を自覚しつつ細心な注意と適切な対応を. 園学研10(3):. 北陸作物学会報47:58-60 4. 元木悟・西原英冶・高橋直志・Hermann L. 7(別2): 518 7. Effects of Storage Temperature on the Postharvest Quality of 3 Asparagus Cultivars Harvested in Spring.

アスパラガスの生理生態と栽培技術 第9回. 杖立への道 2. 137-141, 1996,03,10. 養液栽培の新技術 : その現状と展望 資料種別: 図書 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 養賢堂, 1986. はち物花きの肥料設計について 4. 長野野菜花き試報告 13:39-44 4. アスパラガス(農文協):基43-47 2. ハイドロポニックス21(2):26-28 3.

(1)北海道稲作の特殊性と安定した栽培技術の追究 3. Global gene expression profiles in developing soybean seeds. ビニールハウスの周年利用について 7. ダイズの生産と品種 「つぶほまれ」. 65(10):.

星野英正・小松和彦・小澤智美・上杉寿和・神山かおる 園芸学研究 8(別1):261 2. ニチニチソウ(ビンカ) ハボタン. ごあいさつ 2. 園学研9(別1):118 5.

サツマイモ技術と21世紀の食糧, 農業および園芸 養液栽培の新技術 その現状と展望 第61巻第1号別冊 エネルギー・資源および環境問題 古在 豊樹, 久保田 智惠利, 北宅 善昭 生物環境調節 34(2), 105-114,. 果樹栽培と肥培 3. ヨウエキ サイバイ ノ シンギジュツ : ソノ ゲンジョウ ト テンボウ. 施設園芸環境制御新技術の動向と展望, 全農 園芸資材講習会No. Research Projects. 12: 露地栽培用イチゴ新品種‘東京おひさまベリー’の簡易被覆による収穫期の前進: 海保富士男・木下沙也佳・沼尻勝人・遠藤拓弥: 園芸学会令和2年度春季大会. 11-17,26-29,33-41 10. 園学研10(別1):376 3.

3(農文協):. 近代的装備でのびる千倉町のきゅうり 8. 水稲転作対策としての飼料作物栽培 3. 茨城岩井地方のトンネル・トマト栽培 6. 養液コントロ-ラの概況と今後の展望 (養液栽培の新技術--その現状と展望) 関山 哲雄; 星 岳彦 農業および園芸 61 (1) p年01月 施設園芸におけるマイクロコンピュータ導入の手引. 第1特集は「ホウレンソウ&コマツナの最新動向」について。効果的な雑草混入抑制技術や簡易処理による防除対策、最新研究の現状と展望など、ホウレンソウとコマツナの栽培技術を徹底解説します! 第2特集は「持続可能(サスティナブル)な農業」を特集!.

新有機資材“ヨーグロース”の特性と『有機燐硝安加里』の肥効について<その2> 5. Light condition influences on rutin and polyphenol contents in asparagus spears in the mother-fern culture system. 長野野菜花き試報告 13:30-38 3. 乙訓(京都)ナスの栽培とCDU化成の肥効 3. <特集:寒冷地稲作の施肥対策>. 園芸学研究 11(別1):358 3.

特集 ネギ栽培の最新動向 第1特集は「ネギ栽培の最新動向」について。効果的な防除法や、土壌改良資材を駆使した虫害対策、IoTを活用した栽培技術まで幅広く解説します! 第2特集は「今こそ知りたい! 薬用植物」を徹底解明!. そ菜と緩効性窒素肥料 10. 3(農文協):. 当面する肥料の需給状況と今後の問題点について 3.

alisalensisin Japan. 天北地方の土壌特性と施肥効果の基本 3. 転作予定面積は? 4. 長野県産アスパラガス 栽培の問題点を考える. 茶業の動向と試験研究 5. 「農業・畜産・漁業 雑誌」の商品一覧ページです。取り揃えている56誌の雑誌がほとんど送料無料!紙版だけでなく電子書籍(デジタル雑誌)も多数取り揃えています。 雑誌のことなら日本最大級の雑誌専門サイトfujisan. 稚苗移植と培土について 3.

砂丘ラッキョに対するコーティング肥料の効果 3. 高等植物の花芽形成に対する有機物質の影響 7. 原著 イネ種子根のらせん生長および伸長量と湛水 土壌表面直播における苗立ち性との関係 井上直人・荒井輝博・金 漢龍. 特産種苗(14):63-65 6.

施設園芸新技術の現状と動向 ―園芸環境工学の立場からー, 施設園芸環境制御新技術の動向と展望 全農 園芸資材講習会No. 園芸学研究 76(別1):119 2. トマトの栽培と緩効性肥料の持続性 5. ウイルスによるスイカの肉質劣変化と対策 4. その他の1・2年草〔1〕 トウガラシ類. その他の1・2年草〔2〕 ケイトウ.

改題の意義について-ごあいさつに代えて- 2. 複合環境調節装置とその開発の意義 4. 【tsutaya オンラインショッピング】農業および園芸 養液栽培の新技術 その現状と展望 第61巻第1号別冊/ tポイントが使える. 農業および園芸: 84:42-45: 長谷川利拡ら: : 年夏季異常高温下での水稲不稔率の増加を確認: 平成20年度研究成果情報(第25集). 茶園と緩効性肥料 3. 養液栽培の新技術 : その現状と展望. ハウス土壌の肥料濃度とキュウリの生育収量と養分吸収 6. 園芸 第61巻第1号別冊 養液栽培の新技術.

長野県における露地葉菜の IPM への取り組み. 農業環境技術研究所: p36-37: 長谷川利拡ら: : 微気象要因と高温障害:穂温からの解析: 農業技術体系・作物編追録: 30:8-11: Hashimoto T. 阿部一博・棚瀬匡彰・茶珍和雄 1998. 日本施設園芸協会 、 日本養液栽培. 近中四農研報11:27-39 6. 茶樹栽培におけるCDUとナタネ種粕の比較 5. 硝酸態Nと野菜の品質向上 2.

創立10周年の新春を迎え農業の前途を展望する 2. 水稲の新品種ツクシバレの特性と肥培管理 3. Amelioration of autotoxic soil constraints to Lettuce and Mat-rush growths by activated charcoals. 宮崎県における早期水稲コシヒカリの栽培について 2. バナナ果実の切断による生理・化学的変化に関する研究(第1報)グリーンチップ. <特集:どうして肥料の輸送を合理化するか>肥料メーカーの立場から 3. 茶園の施肥 NH4-NとNO3-Nの消長 4.

根の研究21(1):11-16 2. スイカの長期どり栽培と肥培管理について 6. ?―日本農業の体質への反省― 3. 。” 2. An avirulence gene homolo. 緩効性窒素肥料の意義 7. 最近のミカン施肥について―私はこう考える― 4. 37’, a Fusarium Root Rot (Race 2)-Resistant Lettuce.

園学研 9(別1):117 4. See full list on meruka2. 狭山茶について 4.

ハウス果菜類に対するNとワラの役割 3. 年度 切花用バラ新品種「エクラン(仮称)」の育成. Research Findings. 農及園87(1):. タイ国の肥料技術の普及について 8.

アジアにおける有機肥料について(FAO/SIDAアジア有機肥料研究会に出席して) 4. 水田裏作としての麦類の栽培について(完〉 4. 独自の製品を開発して農業の発展に貢献を期待 2. 食料自給率更に低下 3. 地力を大切に. 農耕と園芸11:98-99 8. 水田裏作としての麦類の栽培について(その1) 4. ことしの農業施策の方向 3.

メロンとCDU化成 6. 農業および園芸,66(6):731~736 24)板東一宏(1991):トマトの循環式ロックウール栽培2. 農業および園芸,66(7):848~852 25)板東一宏・町田治幸(1992):トマトのロックウール栽培実用化技術の確立(第4報)循環方式における培養液組成が品質,収量に及ぼす影響.. 園学研10(1):81-86 3.

First report of bacteria blight of crucifers caused by Pseudomonas cannabina pv. タバコの栽培とNO3-Nの栄養について 9. caused by Pseudomonas syringae pv. 農耕と園芸 65(5):40-43 4. 新有機資材“ヨーグロース”の特性と『有機燐硝安加里』の肥効について<その1> 6.

農耕と園芸7:98-99 6. 小川瞬・神谷勝己・市村一雄 園芸学研究 11(別2):293 5. 宮崎県の施設園芸と特徴 3. <特集:どうして肥料の輸送を合理化するか>肥料物的流通の基本方向~われわれは,こう考える~ 2. 濱田千裕、釋一郎、中嶋泰則「不耕起栽培技術体系の開発と普及」『日本作物學會紀事』第69巻第2号、年10月4日、 370-373頁、 naid。 春成秀爾, 今村峯雄 編 『弥生時代の実年代』 学生社、年。.

北陸作物学会報47:61-64 5. みかん栽培と緩効性肥料 6. 2 Description: 168p ; 27cm Series: 農業および園芸 ; 第61巻第1号別冊 Catalog.

固化培地を用いたセル成型育苗が葉洋菜累の生育に及ぼす影響 第2報 固化培地を利用した若苗定植による夏秋ハクサイの生育. 地の利と人の和で、最高格付を誇る田口共選(和歌山県)のミカンとCDU化成 田口共同選果場を訪ねて. 。 3. ●特集 植物に対する代謝栄養―その4 作物生育と亜硝酸. <特集:どうして肥料の輸送を合理化するか>地域運輸業の立場から 4.

(報告1) 第21回技術教育創造の世界「エネルギー利用」技術作品コンテスト実施報告,日本産業技術教育学会誌,第61巻,第1号,pp. 9(別1): 174 7. ダイズの生産と品種 「タチホマレ」. 園芸学研究 6(4):.

Allelopathy in Asparagus. 年度 鉢花における生分解性ポットの利用技術. 園芸学研究 7(別1):98 2. これからの農業技術研究について想うこと. 農業人口の流出鈍る~49年度の農業観測(修正) 5. <特集:どうして肥料の輸送を合理化するか>製袋メーカーの立場から 5. 特集:地域農業将来の展望その1 東北地域農業を展望する 3. 特 にホウレンソウの水耕栽培にはMay check類似 症の発生が予想され、その対策技術も確立する。 【構成】 May check類似症の発生を回避する 方法は、作物にとって栄養素ではないナトリウムを過剰 吸収させてホウレンソウの生育速度を調節することによ って.

園芸学研究12(別1):4 5. 肥料の物流について 4. わたしたち地域の経営対策 グレープフルーツの自由化と今後の夏柑経営 2. 「円」切上げと日本農業 3. アスパラガス(Asparagus officinalisL.

養液栽培の新技術 : その現状と展望 (農業および園芸, 第61巻第1号別冊) 養賢堂, 1986. 放送技術 69巻3月号 (年02月27日発売)は、税込み1100円 3000円以上で全国送料無料!。今なら初回500円割引やレビュー500円割引もあります!. Program and Abstracts: 153 2. 私どもの使命について 2. 農耕と園芸8:98-99 7.

本の紹介138:農業生態系における炭素と窒素の循環、独立行政法人農業環境技術研究所編、農業環境研究叢書第15号 環境被害の防止および修復についての環境責任に関する欧州議会と理事会の指令を採択することを目指して理事会が採択した年9月18日の. <新しい園芸資材>カシミロン原綿糸の生いたち 7. 休耕田の復元技術対策 ~西日本の現状とその対策~ 4. 。.

北陸のそ菜と燐硝安加里 5. 再び“食糧問題”を考える 輸入穀類がストップしたら. 園芸学研究 7(別1):167 4. 特集:地域農業将来の展望その2 関東・東山・東海農業の将来展望と問題点について 4. 特集:地域農業将来の展望その3 暖地(九州)農業の将来図. 農家と農業経営 2. その他の1・2年草〔1〕 アサガオ. 台湾における大豆多収穫と施肥の要点 3.

野菜栽培には緩効性窒素肥料が有利 4. 最新農業技術 野菜 vol. 農業技術体系土壌肥料編<追録第23号> 出版者: 農山漁村文化協会: 巻号頁: 第2巻 作物栄養v, 37の8の2-37の8の8: 出版日: : issn: doi: url: 概要: 機関リポジトリ. 園芸学研究 7(別2):210 6. 園学研9(別1):119 6. 園芸学会雑誌73別冊1.p81. 諏佐啓太・二又朋則・榎本秀雄・村田義宏・塚越覚・野田勝二・野間豊. See full list on pref. 野菜栽培とコーティング肥料 3.

養液栽培の新技術 : その現状と展望 フォーマット: 図書 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 養賢堂, 1986. Effect of varieties, plant age and altitude of production site on swertiamarin content in Swertia japonica. ●特集 植物に対する代謝栄養―その2 ダイズのウレイド代謝における新知見 9. Acta Horticurturae 776:.

園芸学研究 7(別1):169 3. いちごの長期栽培と肥培管理 7. 最近の世界の異常気象と農業 4. 日本きのこ学会第16回大会講演要旨集:82 6. 園芸学研究 6(別2):119 5. ユニークな技術を駆使し 当面する難局の打開へ 2. Effect of injection period and concentration on deep placement method of activated charcoal flowable in growing poriod of asparagus. トマトの長期栽培と肥培管理 4.

長野・坂城町1-10 5. その他の1・2年草〔2〕 ヒャクニチソウ(ジニア) その. 南九州における水稲多収穫の事例~兵底正さんの栽培技術~ 4. 園芸学研究 6(別2):227 7. お問い合わせ先: 三重県立図書館 メール: jp 電話:(代表) ファクス:. 2 形態: 168p ; 27cm シリーズ名: 農業および園芸 ; 第61巻第1号別冊 書誌ID: BN11728563.

園学研9(別1):56 3. 新しい農薬とその使い方(その1) 5. 甘しょ栽培と“DD(硝化抑制剤)”入り肥料 3. クミアイ・カシミロン 寒冷紗の出来るまで<江州産業(株)長浜工場を視る>. 農及園86(8):.

農業および園芸 養液栽培の新技術 その現状と展望 第61巻第1号別冊 アイソトープ試験からみた温州ミカンの秋肥(秋肥Nの樹体葉部への吸収) 3. “よく屈するものは,よく伸ぶ. <特集:寒冷地水稲の施肥対策>. 2. 78(2):. Selection of Asparagus Cultivars for Cold Areas of Japan. 生態と栽培技術 (農業の知識シリーズ).

農及園86(7):. 新しい園芸資材とその利用方法 5. 【特集】稚苗移植水稲の育苗と施肥について 6. 園芸学研究 6(別1):448 4. ●特集 植物に対する代謝栄養―その1 高等植物(とくに大豆)におけるアラントインの挙動 8. コーティング肥料による菊の栽培について 3. 休耕田の復元技術対策について 東日本の現状とその対策 2.

広域営農集団の育成を推進 総合農政の基本的方向 3. Bacterial brown spot on Avena strigosa Schereb. 7(別2): 513 5. 水稲とCDUについて 8. Expression of the Stress-Related Genes for Glutathione S-Transferase and Ascorbate Peroxidase in the Most-Glycinin-Deficient Soybean Cultivar Tousan 205 during Seed Maturation. 太陽エネルギーと農業 2. 【特集】水稲稚苗の機械化移植と育苗技術~箱育苗における土壌肥料に関する問題点~ 5. 園学研10(別1):164 5.

●特集 植物に対する代謝栄養―その3 水稲に対する硝酸態窒素の利用と体内有機成分の変動 10. 茶と硝安系肥料 9. アリッサム(ロブラリア) アレナリア.

Major anthocyanins from purple asparagus (Asparagus officinalis). 燐硝安加里とCDUを水稲作に利用して. 【特集】稚苗移植水稲に関する問題点~特に,東北における試験例について~ 7. 農業に対する新しい認識と私達の立場について 2. 長野野菜花き試験場特別報告 3:1-56 4.

牧草の多量施肥の影響―北海道根釧地方の実態― 2. 農業および園芸(第61巻第1号別冊) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお. アスパラガス(農文協):基. うまい米の多収穫法<その1>-V字理論稲作- 2. Plant Physiology and Biochemistry 52:. 第67巻第4号 平成25年4月号 ミニ特集:低濃度エタノールによる土壌還元消毒 低濃度エタノールを利用した土壌還元作用による土壌消毒技術実施マニュアルの紹介. p基54の8-11, 基221-226の7, 基274の2-15 2.

農業および園芸 養液栽培の新技術 その現状と展望 第61巻第1号別冊

email: byluk@gmail.com - phone:(531) 120-7140 x 4645

アンパンマンのとっきゅうれっしゃ - やなせたかし - 富田佐奈栄 長続きが目標です

-> 分析化学 - 大倉洋甫
-> 成熟と近代 - デイヴィット・オーウェン

農業および園芸 養液栽培の新技術 その現状と展望 第61巻第1号別冊 - 安住恭子 映画は何でも知っている


Sitemap 1

XML超入門 - 藤田泰徳 - 丸太たぼ吉