弾性表面波工学 - 電子情報通信学会

弾性表面波工学 電子情報通信学会

Add: lojefoga60 - Date: 2020-12-11 22:19:43 - Views: 4739 - Clicks: 4249

弾性波素子技術ハンドブック オーム社 日本学術振興会弾性波素子技術第150委員会編 1991 - 弾性表面波工学 電子情報通信学会 柴山乾夫監修 1983 - 電波エレクトロニクス(弾性波デバイス)日本工業新聞社. 弾性表面波工学 / 電子通信学会編 Format: Book Published: 東京 : 電子通信学会, 1983. a5判 定価3,108円(税込),平成4年2月発行 isbn. 弾性表面波と漏れ弾性波の研究に携わって 竹内 正男 電子情報通信学会技術研究報告. 白崎博公, 牧本利夫,"Cubic結晶における弾性表面波のエネルギー伝搬特性",電子情報通信学会論文誌B vol. 音響電気相互作用を用いた液相系SH-SAWセンサ 近藤 淳, 塩川 祥子 電子情報通信学会論文誌. 通信工学基礎論 電子・通信・電気工学基礎講座10: 虫明康人・佐藤利三郎・清水洋: 絶版/カバー: 昭52: 2700: 丸善株式会社: 弾性表面波工学: 柴山乾夫監修: カバー: 昭58: : 電子通信学会: 航空、航海と無線方向探知機: 門岡速雄: 絶版: 昭3: 1: 丸善株式会社.

30 電子情報通信学会超音波技術研究会(登別グランドホテル). 10) 第58回大河内記念技術賞: ”温度特性に優れた超小型弾性表面波デュプレクサの開発と実用化”,年3月11)平成25年度全国発明表彰 朝日新聞社賞 “温度特性の. 所属学会・協会: ieee, mrs, ecs、応用物理学会, 電子情報通信学会 キーワード: 半導体表面界面物性、弾性波デバイス、mems、センシングデバイス 提供可能技術: ・各種電子デバイス評価(電気特性(電流、容量、電圧)、s パラメータなど). saw(弾性表面波)からet(教育工学)へ : 研究に対する反省と今後の展開 清水 康敬 電子情報通信学会技術研究報告. 年のシンポジウム・学会講演論文 1.

その後学科改組により、現在は玉川大学工学部機械情報システム学科教授。 主な研究論文 弾性表面波. 弾性表面波工学 フォーマット: 図書 責任表示: 電子通信学会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 電子通信学会, 1983. 166–174 年1月 ©電子情報通信学会 すだれ状 電極 図1 すだれ状電極(IDT)の概略図. 11 形態: 242p ; 22cm 注記: 監修:柴山乾夫 執筆:尾上守夫ほか 発売:コロナ社 各章末:文献 刷の相違により, 編者・出版者の異なる書誌あり 著者名:. 一般社団法人 電子情報通信学会オフィシャルサイト「歴代業績賞受賞者一覧」ページです。. 水晶LSTカットを伝播する漏洩弾性表面波の特性改善に関する検討 渡邉 隆彌 電子情報通信学会技術研究報告. Amazonで電子通信学会の弾性表面波工学 (1983年)。アマゾンならポイント還元本が多数。電子通信学会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

26 電気・情報関係学会北海道支部連合大会(東海大学) ・ 「KNbO3/Si基盤の弾性表面波伝搬特性の解析」 石黒 英俊. 弾性表面波材料の伝搬特性と利用の現状 清水 康敬 電子情報通信学会論文誌. 年1月 ©電子情報通信学会 アブストラクト 携帯電話に代表される移動体通信機器には,表面弾性波やバルク波等の弾性波共振子を利用した高周波. 11 Description: 242p ; 22cm Authors: 電子通信学会 . US, 超音波, 37-42,. 電子情報通信学会 編・発行; 柴山 乾夫 東北大名誉教授 工博 監修; 表面波の伝搬,励振および測定法を具体的に示し,フィルタ,共振器をはじめ半導体との相互作用を用いた増幅器,コンボルバ,光との相互作用を用いた機能素子に至るまでを,第一線の研究者達が詳述した。. US, 超音波, 37-43,.

A, 基礎・境界 76(2), 129-137,. Amazonで電子情報通信学会, 柴山 乾夫の弾性表面波工学。アマゾンならポイント還元本が多数。電子情報通信学会, 柴山 乾夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. in :“High Frequency Lamb Wave Device composed of MEMS Structure using LiNbO3 Thin Film and Air Gap”, Oct.

所属学会: 電気学会,電子情報通信学会,日本音響学会,IEEE (Fellow) 専門分野: 弾性表面波デバイス,超音波工学: 研究テーマ: 高性能高周波超音波デバイスの開発並びに薄膜微細加工技術に基づく種々の超音波デバイスやセンサの研究・開発を推進している。. C-II, エレクトロニクス, II-電子素子・応用 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 77(8), 338-347,. 弾性表面波工学 - 電子情報通信学会 11 形態: 242p ; 22cm 著者名: 電子通信学会 書誌ID: BN00552206. ; 超音波タッチパネルの開発(招待講演).

458-462; High Temperature Guided Acoustic Wave Transducers Using Mechanical Gratings. us, 超音波 102(30), 21-26,. 11 形態: 242p ; 22cm 著者名: 電子通信学会 ISBN:書誌ID: BN00552206. 口頭発表(一般) 仮想音環境の残響空間を利用した先行音効果特性の検討 日本音響学会年秋季研究発表会 /09/09 口頭発表(一般) 非線形空中超音波励起による高調波ガイド波の3次元シミュレーション 電子情報通信学会技術研究報告 /04/27. 発行部数は、毎月約23,000部あります。毎号に特集記事があり、電子情報通信分野を中心に読みやすい誌面で会員の皆様へお届けしています。 試し読みはこちらから. 7) 電子情報通信学会 フェロー: “弾性表面波デバイスの先駆的研究開発”,年9月 8) Outstanding Paper Award of IEEE trans.

研究概要 弾性表面波(Surface Acoustic Wave: SAW)は,弾性体の自由表面に沿って伝搬する導波(Guided Wave)であり,代表的なものが1885年頃Rayleighによって理論的に証明されたレイリー波です.古くから材料の非破壊評価などに応用されてきましたが,1965年に「すだれ状電極(Interdigital Transducer: IDT)」の発明. 所属学会・協会: ieee, mrs, ecs、応用物理学会, 電子情報通信学会 キーワード: 半導体表面界面物性、弾性波デバイス、mems、センシングデバイス 技術相談 提供可能技術: ・各種電子デバイス評価(電気特性(電流、容量、電圧)、sパラメータなど). 職名: 准教授 学位: 博士(工学) 所属学会・協会: 電子情報通信学会,応用物理学会,エレクトロニクス実装学会,ieee キーワード: マイクロ波,ミリ波,rf-ic,3d-sip,sbb,フリップチップ,実装技術 技術相談 提供可能技術:. 弾性表面波工学 / 電子通信学会編 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : 電子通信学会, 1983.

1979//03 日本学術振興会弾性波素子第150委員会 運営委員; 1999//12 The Institute of Electrical and Electronics Engineers、UFFC-S 日本支部長; 1998//04 電子情報通信学会ソサエティ(A) 副会長; 1998//04 電子情報通信学会&音響学会超音波研究会 委員長. 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review Vol. 令和2年10月6日(火)、大学院修士課程工学専攻電気電子工学コース2年の浅川詩織さん(指導教員:垣尾省司教授)が超音波研究会において、学生研究奨励賞を受賞しました。 同賞は、電子情報通信学会・日本. 職名: 教授 学位: 博士(工学) 所属学会・協会: ieee, mrs, ecs、応用物理学会, 電子情報通信学会 キーワード: 半導体表面界面物性、弾性波デバイス、. Amazonで電子情報通信学会, 柴山 乾夫の弾性表面波工学。アマゾンならポイント還元本が多数。電子情報通信学会, 柴山 乾夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 11 形態: 242p ; 22cm 著者名: 電子通信学会 書誌ID: BNISBN:.

同賞は、電子情報通信学会・日本音響学会 超音波研究会において、学生によって口頭発表された論文の中から優秀な発表が選定され、その口頭発表者が表彰されるもので、表彰件数は受賞対象となった総発表件数の10%程度とされています。. 長谷川弘治, 稲川清, 小柴正則,” 漏洩弾性表面波IDTの等価回路," 年電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, A11-7, Sept.

弾性表面波工学 - 電子情報通信学会

email: lipacopi@gmail.com - phone:(703) 637-7790 x 5187

神宮館運勢暦 令和3年 - 神宮館編集部 - つの習慣原則中心リーダーシップ コヴィー

-> 地と水のカムイたち - 鍛治明香
-> アメリカの真の支配者 コーク一族 - ダニエル シュルマン

弾性表面波工学 - 電子情報通信学会 - ユーキャンケアマネジャー試験研究会 CANのケアマネジャー 速習レッスン


Sitemap 1

分析化学 - 大倉洋甫 - 阿南成一 自然法と実践知